二重埋没法の施術を受けました

自分の目が一重であることにとてもコンプレックスを持っていました

私は以前から自分の目が一重であることにとてもコンプレックスを持っていました。
友達を見るとみんな目がまん丸で大きく、綺麗な二人をしています。
それなのに私は目が細く、一重なのでより細く見えてしまい、どうにかならないかと思っていたのです。
大学生に入った頃にアイプチと出会い、なんて画期的なものに出会えたのだろうととても嬉しくなりました。
それからはアイプチを欠かすことができず、少しコンビニに行こうと思う時でさえ、アイプチのない顔では行くことができなかったのです。
しばらくはアイプチを使って生活をしていたのですが、大学生になり私は初めて彼氏ができました。
そして夏休みの長期休暇を利用して、旅行に行こうと言われたのです。
その当時もアイプチを使っていて、私の大好きな彼氏はもちろん私の一重の目を見た事はありません。
大好きな彼氏に絶対にすっぴんを見られたくないと思いました。
見られてしまったら別れることになるのではないかとさえ思っていたのです。
そしてもともと目にコンプレックスがあった為、これが大きなチャンスと捉え整形をしようと考えました。
それまでもアイプチに出会えたとはいえ、脂肪の厚いぼってりとした一重であり、毎朝メイクがとても大変でした。

自分の目が一重であることにとてもコンプレックスを持っていましたまずはクリニックを選ぶところから始めました現在では二重になった自分の目が本当に嬉しいです